カムカムのダイエット効果がすごい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カムカムのダイエット効果とは?

カムカムでダイエット!

Q スーパーフードの一つ「カムカム」は、ダイエットにどのように役立ってくれますか?

カムカムといえば、豊富に含まれるビタミンCが一番の特徴ですよね。ダイエット中は食事制限をするので、ビタミンCも不足になりがちですが、肌をキレイに保ち健康的に痩せるためには、このビタミンCが欠かせないのです。そこで、カムカムをダイエットに役立てましょう!

  1. カムカムとは?
  2. ビタミンCの摂取について
  3. ビタミンCのダイエット効果とは?

カムカムとは?

カムカムってどんな果物?

スーパーフードの一つに数えられる「カムカム」ですが、日本ではジュースとして、またはサプリメントとして市販されてますよね。このカムカムの原産地は南米のアマゾン川流域で、そこに自生しているカムカムの木に、スモモによく似た実を付けます。味はとても酸っぱくて、スモモやウメのような香りです。

カムカムって面白い名前ですよね。これはアマゾン川の魚たちが、落ちてきたカムカムの実を食べるのですが、中の種を口から出すときに「キャムキャム・・」という奇妙な音をたてることが由来しているそうです。

それで、なぜカムカムがスーパーフードと呼ばれているのかというと、みなさんご存知の通り、ビックリするくらい豊富に「ビタミンC」を含むからです。どれくらい含むかというと、なんとレモンの60倍! レモン果汁100gには、約50㎎ のビタミンCが含まれますから、同じ量で計算すると、3000㎎ ものビタミンCが含まれるのです。それで、カムカムのビタミンCの含有量は世界一なのです。

それともう一つ注目すべきは、カムカムに含まれるポリフェノールの量です。これは赤ワインの10倍もあるといわれており、高い抗酸化作用が認められているのです。

そんなカムカムをダイエットにとり入れると、キレイに健康的に痩せることができますよ!

こちらもスーパーフード!→ レッドマカダイエット!豊富なアミノ酸で体脂肪を燃やそう!

アマゾンの魚は、普段からスーパーフードを食いよるんかい? ぜいたくやねぇ・・。
うん、だからアマゾンの魚って、キレイなのが多いんだね~。
じゃあ、そのカムカムをどのようにとれば、効率よくビタミンCの効果を発揮できるのか見てみましょう。

ビタミンCの摂取について

カムカムのビタミンCをダイエットに役立てよう

一日に必要なビタミンCの量って、どれくらいかご存知ですか? 一日の必要最低限の摂取量は100㎎ です。「風邪引いたかなぁ・・?」と、カラダの免疫力を上げたいときは800㎎ 以上。そして美肌を目指すのであれば、2000㎎ 以上といわれています。キレイにダイエットしたいと思ってるなら、当然2000㎎ 以上のビタミンCをとりたいですよね?

「でも、必要最低限で100㎎ なのに、2000㎎ 以上って多過ぎない?」と、思うかもしれません。しかし、どんな栄養素も、脳や心臓など直接生命に係わるところから優先的に供給されるため、ビタミンCも少ないと、お肌にまでまわって来ないのです。美容も大切ですが、ちょっと肌がボロボロになったくらいで死にはしませんからね・・。何でもとり過ぎは良くありませんが、ビタミンCは一日に5000㎎ までなら大丈夫です。カムカムならたったの100g で、3000㎎ のビタミンCがとれますよ!

しかし、いくらビタミンCが美容にも良いといっても、食べ方に気を付けなければ効果的に働いてくれません。大事なのは「食べ方」です。どういうことかというと、ビタミンCをいっぺんに大量にとると吸収率が下がってしまうからです。例えば、180㎎ のビタミンCであれば、90%くらいの吸収率ですが、摂取量が多くなればなるほど吸収率が下がっていき、1000㎎ 以上になると21%になるのです。もちろん、吸収するビタミンCの絶対量は増えますが、21%って効率が悪いですよね。

吸収されなかったビタミンCは、大腸の動きを活発にしてくれるので便秘予防になり、全くムダになるわけではありません。しかし、ダイエットでキレイに痩せるという美容目的があるなら、ビタミンCを小分けにしてとるのをお勧めします。そうすれば効率よく吸収されて、より効果的に働くからです。

カムカムのサプリメントならば「一粒に何㎎ のビタミンCが配合」という表記がありますよね。めんどくさいからといって一気に飲むのではなく、時間をおいて小まめに飲むようにしましょう。

お勧めのカムカムサプリ→ 驚異の天然ビタミンC【カムカム】

なるほど~!
ビタミンCは美容に良いっていうけど、ある程度の量が必要で、しかも小まめにとらなきゃ効率的に働いてくれないんだねぇ。
サプリなんて一飲みやけえね。いっぺんに摂るクセがついとるもんなぁ・・。
では、キレイに痩せるために、カムカムのダイエット効果について見てみましょう。

カムカムのダイエット効果とは?

カムカムのダイエット効果

ビタミンCはコラーゲンを作る

なぜ、カムカムにたっぷり含まれるビタミンCは、美容に良いといわれるのでしょう? それは、ビタミンCはタンパク質や鉄分と共に、美肌をつくるコラーゲンの材料だからです。コラーゲンは、カラダのタンパク質の1/3を占めていて、細胞同士をくっつける「のり」のような働きがあります。

カラダの細胞ですから、当然、肌だけでなく、筋肉、骨、歯、髪・・すべてを作るのに必要な成分です。これが不足すると組織がもろくなり、肌荒れがしたり、骨が折れやすくなったり、髪がパサついたりします。

ダイエットで痩せても、こんな状態になったらイヤですよね? それで、カムカムをダイエットにとり入れるとビタミンC不足にならず、キレイに痩せることができるのです。

ビタミンCとビタミンEは最強タッグ!

美容ビタミンというと「ビタミンE」も有名ですよね。なぜ、ビタミンEに美容効果があるのかというと、 高い抗酸化作用があるからです。抗酸化作用というのは、カラダの細胞を酸化(サビさせる)させる「活性酸素」を減らす働きです。 活性酸素のせいで細胞がサビてしまうと、肌にシミやシワができる原因になってしまいます。

その抗酸化作用を持つビタミンEは、ビタミンCがあると、さらにその働きが良くなるのです。 つまり、ビタミンCがたっぷりのカムカムをとり入れて、ビタミンEをパワーアップさせれば、より美しく痩せることができるということです。

ビタミンCでストレスを癒そう

ダイエットの大敵といえば「ストレス」ですね。食べたいものを我慢するダイエットはストレスがたまり、それが積もり積もって爆発!→ドカ食い・・これではイミがありません。

カラダはストレスを感じたときに、副腎皮質からストレスを和らげるホルモンの一種「コチゾール」を分泌します。しかし、ストレスを感じるたびにコチゾールを使っていると、そのうち無くなってしまいます。

そうならないように、カムカムでビタミンCをたっぷりとりましょう! なぜなら、ビタミンCがコチゾールを作る材料の一つだからです。他にもタンパク質やパントテン酸が必要なので、そちらも十分にとってダイエットのストレスに対抗しましょう!

ビタミンCが脂肪燃焼に関わってる?

ダイエットの目的は、余分な脂肪を燃焼してエネルギー消費することですよね。脂肪はどこで燃焼するのかというと、細胞の中にある「ミトコンドリア」というエネルギー発生装置です。

しかし、脂肪をミトコンドリアに放り込んでくれる者がいないと脂肪は燃えません。この仕事をしてくれるのが「カルニチン」というタンパク質の一種です。そして、カルニチンを作るのに、リジンというアミノ酸とビタミンCが必要なのです。間接的にではありますが、ビタミンCが脂肪の燃焼に関わっているのが分かりますよね。

カムカムはポリフェノールがたっぷり!

カムカムが、美しく痩せるのにおすすめなのは、なにもビタミンCがたっぷりという理由だけではありません。それは、ワインの10倍! といわれる「ポリフェノール」の高い抗酸化作用があるからです。

ビタミンEでも出てきましたが、カムカム自体にも強力な抗酸化作用があるのです。抗酸化作用は美容だけでなく、ダイエットにも働いてくれます。それは、活性酸素の攻撃で細胞がサビてしまうと脂肪代謝が落ちてしまい、痩せにくいカラダになってしまうからです。それで、カムカムで活性酸素を減らすことで、痩せやすいカラダ作りに役立つというわけです。

こちらも抗酸化作用がたっぷり!→ カカオでダイエット!決め手は70%以上の含有量

ビタミンCって色んな場面で活躍してるんだねぇ。一日2000㎎ 以上って多すぎるんじゃないかと思ったけど、やっぱ必要なんだね~。
ビタミンCって、熱に弱いんやろ? それに水に溶けやすいけえ、料理でとろうと思うてもなかなかとれんよね。生野菜や果物でビタミンCを2000㎎ 以上確保しようと思うても、そんな大量に食べれんしな。その点、カムカムならちょっとでも大量のビタミンCがとれるからええよね。

うさちゃん、上手にまとめてくれてありがとう。

ということで、カムカムで効率よくビタミンCをとれば、キレイにダイエットできるよ!というお話でした。日本では生のカムカムは手に入りませんが、カムカムのジュースやサプリがあるので、そちらを使って上手にダイエットに役立てましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加