チャイで冷え性を改善するダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャイで冷え性改善

チャイで冷え性改善ダイエット

Q ダイエットの大敵である、冷え性を改善する良い方法はありませんか?

冷え性の改善におすすめなのが「チャイ」です。チャイは、インドでよく飲まれているミルクティーですね。なぜ、チャイが冷え性の改善に良いのかを見てみましょう。

  1. 冷え性の改善にチャイが良い理由
  2. 冷え性改善に良いスパイスとは?
  3. チャイを作ってみよう!

冷え性の改善にチャイが良い理由

チャイが冷え性に効く理由

チャイってインドのミルクティーを飲んだことがありますか?「え~・・ミルクティーくらい誰でも飲んだことあるでしょう?」・・そうですね。でも、日本のミルクティーとインドのチャイには、違うところが2つあるんです。

一つは、ミルクで煮出すこと。日本のミルクティーって、お湯で煮出した紅茶にミルクを加えるというスタイルですよね。でも、インドのチャイは、直接ミルクで煮出すんです。なので、よりミルクの濃厚なコクを楽しめるんです。

もう一つは、スパイスを加えること。これがインドのチャイが冷え性に効くという大きな理由です。なぜなら、チャイに使うスパイスは、血行を促進してカラダをポカポカに温めてくれる効果があるからです。

インドに行くと、路上にチャイの屋台がいくつも出ています。そこで、素焼きの小さなカップにチャイを注いでくれるんですが、一杯飲むだけでカラダが温まるんです。インドといっても、北の方になると冬は寒いですからね。チャイのカラダを温める効果は抜群です!

また、チャイはお店や作る人によって、使うスパイスの種類や量が違うので、味の違いを楽しめるのも良いところです。

それでは、冷え性改善に効くインドチャイには、どういった種類のスパイスが使われているのかを見てみましょう。

日本の抹茶もダイエット効果抜群!→ 抹茶は最強のダイエット茶!便秘や美容にも良い理由とは?

わい知っとるよ。ニンニクやろ。インドチャイにはニンニクが入っとるんよ。
うさちゃん、ニンニクじゃないよ、ショウガだよ! 未だに、ニンニクとショウガの区別がついてないんだから・・。
そうね。ショウガ以外にもたくさんのスパイスが入ってるんだよ。

冷え性改善に良いスパイスとは?

冷え性に効くダイエットチャイのスパイスとは?

インドチャイといえば、生姜の風味が特徴的ですよね。「ミルクティーに生姜?」と思う人もいるでしょうが、これがとても美味しいんです。生姜以外にも、インドチャイに使われるスパイスはたくさんありますよ。その中でも冷え性の改善に効くものを見てみましょう。

生姜

生姜には、ジンゲロールという辛味成分が含まれていますが、これに熱を加えると、ショウガオールという成分に変化するんです。これには血行を良くしてカラダを温めたり、糖質や脂質のエネルギー代謝を高める効果があるんですよ。インドチャイに使うスパイスの中でも、生姜はメインになるものなんです。

黒コショウ

黒コショウはインドを代表するスパイスの一つです。何てったって原産地ですからね。黒コショウには、ピぺリンという辛み成分があるんですが、これには血管を広げて血流を良くする効果があるんです。それで、手足の先の毛細血管までサラサラと血が流れるようになり、冷えが改善できるというわけです。

また、ピぺリンには、他の栄養素の吸収率を高めるという効果もあるんです。ほかのスパイスがもつ成分の吸収も良くなれば、さらにポカポカになれますよ。そんな黒コショウは、是非ともチャイに加えたいスパイスです。

シナモン

末梢血管って、紫外線など外部からの刺激を受けると壊れやすいんです。そしたら、血管の先の方まで血が流れなくなるので、冷えの原因になりますね。おまけに、代謝も悪くなってしまいます。そこでシナモン! シナモンには、その末梢血管を強くする成分が含まれているんですよ。いくら血流が良くなっても、血管がもろいと意味がありませんからね。

それに、シナモンの香りを嗅ぐと、ホッと落ち着くでしょう。ストレスはダイエットの大敵ですから、チャイにはリラックス効果のあるシナモンを加えたいのです。

カルダモン

人間のカラダは、まず内臓から血行を良くして温めようとするので、手足の血のめぐりが悪くなって冷えてしまうんです。そこでカルダモン! カルダモンには整腸作用があるので、胃腸の働きが良くなるんです。カラダの内側から温まれば、手足の冷えも和らぎます。

またカルダモンには、鉄分をはじめ、ビタミンB群、ビタミンCなど、血を作るのに必要な栄養素が豊富なんです。貧血予防にも効果があるということですね。

ナツメグ

ナツメグに含まれる、ピネンとミリスチンという成分には、胃腸の消化吸収を良くする効果があります。栄養の吸収が良くなれば、代謝が上がってカラダが温まります。

クローブ

クローブに含まれるオイゲノールという成分には、高い抗酸化作用があります。これは、カラダの細胞を酸化する、活性酸素を減らす作用です。細胞が酸化する(サビる)と、色んな害があります。血管でいうなら、動脈硬化を起こして血流が悪くなるんです。クローブは、それを防いでキレイな血管を保ち、血がサラサラ流れるようにしてくれるんです。

こちらもスパイスたっぷり!→ カレーは食べたら痩せる意外なダイエット食品

スパイスって、昔は薬として使われてたっていうからね。
インドのアーユルヴェーダってやつや。自然治癒力を高めるっていうインドの伝統医学やね。
そうそう、チャイって、ただのミルクティーじゃないんだね。それでは、チャイのおいしい作り方を見てみましょう。

チャイを作ってみよう!

冷え性を改善するダイエットチャイの作り方

それではまず、前述したスパイスを配合して「チャイマサラ」を作りましょう。マサラというのは「複合スパイス」という意味です。

冷えを改善するチャイマサラを作ろう!

ジンジャーパウダー:13g
黒コショウ:15g
シナモンパウダー:5g
カルダモンパウダー:5g
クローブパウダー:0.5g
ナツメグパウダー:0.5g

この分量でよく混ぜ合わせて出来上がり!

紅茶を用意しよう!

紅茶の種類にも色いろありますよね。ダージリン、ニルギリ、アッサム・・etc. その中でも、インドチャイにおすすめなのが、アッサムです。紅茶の味がしっかりしていて、ミルクティー向きなんです。インドのチャイ屋さんで出てくるのも、アッサムで作ったものがほとんどですからね。

冷えに効くインドチャイを作ろう!

(1杯分)
牛乳:100㏄
水:100㏄
紅茶:小さじ1杯
チャイマサラ:小さじ半分
砂糖:適量

これらを鍋に入れて、弱火で一煮立ちさせます。茶こしを通して、カップに注いで出来上がり。

これを朝から1杯飲めば、カラダがポカポカになりますよ。このインドチャイで冷え性を改善すれば、基礎代謝が上がって痩せやすいコンディションを作れます。何てったってインドのスパイスは、アーユルヴェーダでも使われる薬効植物ですからね。ただのミルクティーじゃないんです!

冷え性の改善に、高い薬に頼るくらいなら、美味しいインドチャイを飲みましょう。

朝イチに飲めばダイエット効果倍増!→ 朝が早い人に痩せてる人が多いのはなぜ?

チャイマサラなんて簡単に作れるよね。スーパーでSBのスパイス買ってきて、分量だけ気を付けて混ぜればいいだけだもんね~ ♪
SB? ソフトバンク?

うさちゃん、SB食品のことよ。

ということで、チャイで冷え性を改善して基礎代謝を上げよう! というお話でした。冷えはダイエットの大敵ですからね。1杯のチャイで冷えを改善して、痩せやすいコンディション作りをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加