大根ダイエットは酵素パワーに秘密あり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大根のダイエットパワー

大根ダイエット

Q 大根がダイエットに効果的だと聞きますが、その理由を教えてください。また、どのようにして食べると一番ダイエット効果があるのでしょうか?

大根がダイエットに良いといわれる一番の理由は、ダイエットに有効な「酵素」をたっぷり含んでいるからです。そこで酵素とは一体なんなのか? また、大根をどうやって食べれば、一番ダイエット効果を発揮するのかを見てみましょう。

  1. なぜ大根は生が良いのか?
  2. 酵素のダイエットパワーとは?
  3. 大根ダイエットの注意点とは?
  4. 生大根のおいしい食べ方

なぜ大根は生が良いのか?

大根ダイエット生で食べよう

大根は野菜の中でも食物繊維が少なく、100g中に1.3g ほどしかありません。これはゴボウの1/5ほどです。カロリーは100gで18kcal という低カロリーで、大根の95%は水分です。栄養はビタミンB群、C、葉酸、パントテン酸、各種ミネラルなど種類は豊富ですが、その量はほかの野菜とくらべて特筆するほど目立ったものはありません。

そんな大根がダイエットに良いといわれる一番の理由は「酵素」をたくさん含んでいることです。酵素とはタンパク質でできた生体触媒のことで、カラダの中でおこる化学反応をうながす働きがあります。ご飯を消化するにも、カラダの中でエネルギーをつくるにも、髪の毛が伸びるのにも、カラダの中で起こる全てのことに酵素が関わっているのです。

そして大根に豊富に含まれる酵素といえば、消化酵素の「アミラーゼ」、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」、大根の辛み成分でもある「イソチオシアネ―ト」です。これらの酵素に十分働いてもらうために大根は生で食べましょう。

その理由は、酵素はタンパク質でできているため熱に弱いからです。熱を加えるとタンパク質が変質するため、酵素としての働きを失ってしまうのです。焼いたり煮込んだりすると、せっかくのダイエットパワーが台無しになるということですね。おでんやブリ大根よりも、大根サラダや刺身のツマの方がダイエットに効果的なのです。

おすすめ食材関連→ わかめダイエットできれいに痩せられる理由

わい、大根好きよ~ ♪ 形がニンジンに似とるけえね~。
味がぜんぜん違うでしょう!
それでは大根のダイエットパワーの秘密、「酵素」の働きについて見てみましょう。

酵素のダイエットパワーとは?

大根ダイエット酵素たっぷり

前述したように大根にはたくさんの消化酵素が含まれます。糖質を分解するアミラーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼと、3大栄養素を分解できる酵素を含み、これにより胃腸での消化を助けて効率的に栄養を吸収できるのです。

お雑煮に大根が入ってるのは、モチの消化が良くなるからだと聞いたことがあるでしょう。消化がスムーズだと胃腸に余計な負担をかけない分、カラダが疲れにくくなります。また便秘にもなりにくいので、活発にはたらく健康的な胃腸になるのです。胃腸が健康だと代謝が高まり、消費カロリーも大きくなります。

大根の酵素のなかでも、特筆すべきは「イソチオシアネ―ト」のダイエット効果です。これは大根の辛み成分ですが、もともとイソチオシアネ―トとして存在するわけではありません。大根を細かく切ったり、すり下ろして細胞を破壊したときに、グルコシノレートとミロシナーゼという2つの酵素が化学反応を起こし、イソチオシアネ―トができるのです。

そのイソチオシアネ―トの働きは、おもに解毒、殺菌、消化の促進、血液をサラサラにする、そして抗酸化作用の5つです。

大根がお刺身のツマになるのは、イソチオシアネ―トの殺菌作用が高いからです。

血液がサラサラになるのはダイエットに有利です。なぜなら脂肪の燃焼には酸素が必要だからです。酸素は赤血球のヘモグロビンで運ばれるため、血がサラサラ流れると酸素をたっぷり運べます。そしたら脂肪も燃焼しやすくなりますよね。

また抗酸化作用が高いこともダイエットに有利になります。それは抗酸化作用により、カラダから「活性酸素」を減らしてくれるからです。活性酸素は脂肪を燃焼する細胞を攻撃するため、減らさないと代謝が落ちて太りやすいカラダになってしまうのです。

人気記事→ ダイエットの食事メニューのヒントはこれ!

わい、シラスに大根おろし和えたの好きなんよ。酒のつまみに美味いけえねぇ。
うさちゃん、よく大根食べてるもんね。だからそんなにスリムなんだね。
ダイエットに良い大根ですが、注意点もあります。それを守らないと、大根のダイエットパワーを引き出せないので気を付けましょう。

大根ダイエットの注意点とは?

大根ダイエットの注意点

大根をダイエットにとり入れる場合、注意点が4つあります。これを守らなければ、せっかくの効果が得られません。

まず一つ目は前述した通り、大根は生で食べることです。それはダイエットパワーの源である「酵素」は熱に弱いので、熱を加えると酵素が働かなくなるからです。決して煮たり焼いたり、レンジでチンしてもいけません。

二つ目は、大根をすり下ろすか細かく切って食べることです。これも前述したように、抗酸化作用の高い辛み成分の「イソチオシアネ―ト」は、細胞を破壊することで発生するからです。「生で細かく切って」という条件なので、大根おろしや大根サラダにして食べると良いですね。

三つ目は、作り置きはしないことです。それは酸素にさらすことで大根が酸化してしまい、ダイエットに有効な酵素やビタミンなどの栄養素が壊れてしまうからです。大根は食べる直前にすり下ろしたり、細かく切る必要があります。また食塩水に漬けたり、酢に漬けると酸化を抑えることができます。それで「酢の物」はオススメです。使い余った大根は、なるべく酸素にさらさないように切り口にラップをして冷蔵庫で保管しましょう。

四つ目は、食べる量を守ることです。いくら大根がダイエットに良いといっても、食べ過ぎるのは良くありません。なぜなら大根はカラダを冷やす作用があるからです。とくに冷え性の人が大根を食べ過ぎると、カラダが冷えて代謝が落ちてしまいます。これではダイエットするのに逆効果になりますよね。大根は1日300g、中サイズの大根にして6㎝くらいを目安に食べましょう。

人気記事→ 痩せたい人にポテトサラダはダイエットの強い味方

うさちゃん、大根は1日300gが目安だってよ。
5、6本むさぼり食いよったわ・・

うさちゃんは体温高いから大丈夫だったんだね。

次は、生大根のおいしい食べ方についてのお話です。

生大根のおいしい食べ方

ブロッコリーで置き換えダイエット

ブリ大根やおでんなど、大根の煮込み料理は味が浸みて最高においしいですよね。大根料理は圧倒的に煮込んだものが多いのも頷けます。でも、ダイエットするなら「生」で食べなければ効果がありません。そこで、生でも美味しい大根料理をご紹介します。

1.大根ツナサラダ
材料:大根 300g、ツナ缶 1缶
定番の大根サラダです。珍しくもなんともありませんが、ツナと和えるととても美味しいのです。ツナは代謝を上げるタンパク質が豊富です。またツナ缶の油にもダイエットに良い成分がたっぷり溶け込んでいるので捨てずに使いましょう。

詳しくはコチラ→ ダイエットの簡単朝食メニューにツナ缶がおすすめの理由

2.大根とゆかりの漬物
材料:大根300g、すし酢 大根が浸る程度、ゆかり 適量
大根を2㎜ ほどにスライスし、すし酢に1時間漬けます。ゆかりを適量ふりかけて出来上がり。酢に漬けることで大根の酸化を防げます。また酢には代謝を上げる有機酸が豊富です。健康にもダイエットにも良い大根の漬物です。ゆかりの代わりに、柚子の皮やトウガラシを加えても美味しいです。

3.大根おろしと納豆なめこ
材料:大根 300g、納豆 1パック、なめこ 適量
大根おろしに納豆を混ぜて、なめこを和えたメニューです。タンパク質たっぷりの納豆と、食物繊維たっぷりのなめこで美味しく食べられます。そのままご飯の上に乗せて「大根おろし丼」にしても美味しいですよ。

人気記事 → 絶対に痩せる!夕食だけ主食を抜く簡単ダイエット方法

大根300g っていっても、サラダにしたら結構な量になるよね~。
大根で置き換えダイエットすればええよ。
お腹いっぱい食べてもカロリー制限できるけえ、十分ダイエットになるやんなぁ。

そうね。大根って安いから食費がういていいよね~。

ということで、大根の酵素には素晴らしいダイエットパワーがあるというお話でした。酵素がダイエットに力を発揮することがよく分かりましたよね。

しかし、毎日大根を食べるのはさすがにキツイ、食べる直前に調理するのがメンドクサイということもあるでしょう。そこでおすすめなのが、277種類の熟成酵素でダイエットをサポー
ト【スリムサポート酵素α+】
です。

これは、野菜と野草に由来する277種類の天然酵素を含むダイエットサプリメントです。ムリなく楽にダイエットしたい、実感できるダイエットがしたいと思っている人は、是非お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加