グリコのキャラメル一粒のカロリーがダイエットに役立つ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリコのカロリー

グリコのキャラメルひとつぶのカロリー

Q グリコのキャラメルはひとつぶで300m走れるそうですが、その根拠は何ですか?

グリコのキャラメルの箱には「ひとつぶ300メートル」って書いてありますよ。当然ですが、ひとつぶが直径300mではなく、ひとつぶ食べれば300m走れるだけのエネルギーをチャージできるという意味です。

そのひとつぶのエネルギー量とは、16.5kcal です。グリコのHPにはこう書いてありますよ。

「アソビグリコ」 (キャラメル) には、実際に一粒で300メートル走ることのできるエネルギーが含まれています。「アソビグリコ」一粒は 16.5 kcal です。年齢20歳の男性が分速160m で走ると、1分間に使うエネルギーは 8.71 kcal になります。つまり 「アソビグリコ」 一粒で 1.89分、約300m走れることになります。

緻密な計算ですね・・。グリコのキャラメルは1箱に4粒入ってますから、全部食べても66kcal。それで1200m走れる計算になりますね。

グリコでダイエット

グリコのキャラメルでダイエット

まぁ、実際にキャラメル食べて走るひとはいませんが、4粒で1200メートル走れるエネルギーがチャージできるなら、小腹が空いたときに口に放り込んでおけば夕食まで余裕でもつでしょう。

ダイエット中に甘いものなんて食べちゃダメだと考えがちですが、小腹が減っておやつをガマンして夕食をドカ食いするより、グリコのキャラメルを食べて空腹感を出さないほうがよっぽどカロリーをおさえることができるんです。

例えば大ざっぱですが、おやつをガマンして夕食で1000kcal の食事をするより、キャラメル4粒(66kcal)食べて夕食を500kcal にすれば、合わせて566kcal の低カロリーな食事にできますよね。

「キャラメルだけで本当におなか減らないの?」と思うかもしれませんが、ひとつぶずつダラダラと食べ続ければ、血糖値を一定の高さで保つことができますからね。これは空腹をおさえる効果が抜群なんですよ。

なんせ「グリコ」の名前の由来は「グリコーゲン」ですからね。グリコーゲンって、予備エネルギーとして肝臓にためてあるブドウ糖のかたまりのことですからね。グリコのキャラメルもエネルギーのかたまりみたいなものなんですよ。

グリコにはビタミンDが入ってる

グリコのキャラメルビタミンD入り

グリコのキャラメルの箱を見ると「栄養機能食品(ビタミンD)」と書いてますよ。(どれだけ入ってるのかは分かりませんが・・)

ビタミンDには、カルシウムやリンの吸収をよくして骨を丈夫にする働きや、最近では免疫効果をアップさせる働きもあるといわれてます。また、カルシウムは脂肪の吸収を阻害する働きがあるので、間接的にビタミンDにダイエット効果があるということです。

ビタミンDって、日光浴をすることでカラダの中でも合成することができるんですが「よ~し、ビタミンDを作るために日光浴するぞ!」って人なかなかいませんよね。紫外線浴びてシミだらけになってしまいます。(笑)

また、食べ物からとろうと思ってもビタミンDを含む食品って、魚介類とキクラゲ以外ほとんど無いんです。なので、ビタミンDが入ってるグリコは「おいしくてつよくなる」というキャッチ通りのお菓子だといえるんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加