魚肉ソーセージのカロリーとダイエット法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魚肉ソーセージ!

魚肉ソーセージで置き換えダイエット

Q 夕食の置き換えダイエットには、どんな食べ物がおすすめですか?

夕食の置き換えダイエットにおすすめなのが「魚肉ソーセージ」です。そのまま食べても美味しいですし、料理の具材にも使い勝手が良いですよね。

それに、魚肉ソーセージって商品のバリエーションが豊富なんです。子供のおやつからお酒のつまみになるようなものまで、探してみると色いろありますよ。

最近では、DHAの入った「トクホマーク」の魚肉ソーセージまで発売されていますからね。DHAってお魚に含まれる脂質の一種で、コレステロール値を下げて血流をサラサラにしてくれるという機能があるんです。

おまけにDHAには記憶力を高める効果もあるんですよ。「魚を食べると~、頭が良くなる~♪」って歌がありましたが、DHAのことを言ってるんですね。

それで、なんで魚肉ソーセージが置き換えダイエットに良いのかというと、含まれる栄養に秘密があるんです。何てったって原材料はヘルシーな魚ですからね。

魚肉ソーセージって、原料に魚のすり身が50%以上使われてるものなんだそうです。魚肉ソーセージなら、魚が苦手な人でも美味しく食べられますよね。

魚肉ソーセージのカロリーと栄養

魚肉ソーセージのダイエットにうれしい栄養

ダイエットで一番気になるのがカロリーですよね。魚肉ソーセージは一体何カロリーあるのか?

魚肉ソーセージにも色んな商品がありますが、1本75gで約130kcal というのがオーソドックスなようです。まぁ、そんなに低カロリーとはいえませんね・・。

魚肉ソーセージって50%以上が魚なんですが、それ以外にも豚脂やデンプンが入ってるので、タンパク質と同じくらいに糖質や脂質も含まれているんです。

ポジティブに考えると「3大栄養素がバランスよく摂れるんだ!」ですね(笑)ダイエットとはいえ、多少高カロリーでも3大栄養素はカラダに必要ですから、魚肉ソーセージが素晴らしい食品なのは間違いありません。また、魚肉ソーセージにはこれら以外にも、ダイエットに効果がある栄養が豊富なんですよ。

カルシウムが豊富!

魚が原料なだけあってカルシウムがとても豊富です。魚肉ソーセージ1本(75g)には、牛乳1杯(200㏄)の約2倍にあたる440㎎ものカルシウムが含まれているんです。

厚労省が推奨する成人1日のカルシウム摂取量が、女性で650㎎、男性で800㎎なので、1本食べるだけで必要量の半分以上をとることができるんです。とくにカルシウムは不足しがちな栄養なので助かりますよね。

カルシウムというと骨を丈夫にするというイメージですが、脂肪の燃焼や吸収阻害にも関係しているんですよ。意外でしょう?

脂肪を燃やすときにCPU1という「火種」になる物質があるんですが、カルシウムはこれを作る材料なんです。

また、脂肪を吸収するために、胆汁酸というものが脂肪を小さく分解してくれるんですが、カルシウムはこの胆汁酸の仕事をじゃまするんです。その結果、脂肪が吸収されにくくなるんです。

ビタミンB2

もう一つ、特筆すべき栄養素はビタミンB2です。魚肉ソーセージ1本(75g)には、0.45㎎ものビタミンB2が含まれているんです。

厚労省が推奨する成人1日のビタミンンB2摂取量が、女性で1.2㎎、男性で1.5㎎なので、1本食べるだけで必要量の約1/3をとることができるんです。

ビタミンB2は、脂肪を燃やしてエネルギーに変えるのに必要な栄養ですから、ダイエットの強い味方になってくれるんです。

もちろん運動しなければカロリー消費できないので、食べれば痩せるというものではありませんが、脂肪を効率よく燃やすために必要なんです。魚肉ソーセージは、そんなビタミンB2が手軽にたっぷり摂れるんですよ。素晴らしいですね。

魚肉ソーセージで置き換えダイエット!

魚肉ソーセージで痩せよう!

それでは、魚肉ソーセージのダイエット効果が分かったところで、置き換えダイエットに使ってみましょう。

置き換えダイエットって、脂肪になりやすい炭水化物たっぷりのご飯や麺類の代わりに、低カロリーで低脂肪な食品で代用するというダイエット方法ですね。

とくに後は寝るだけの夕食は、カロリー消費がしにくいので太りやすいです。なので、タンパク質が豊富でまぁまぁ噛み応えもあり、腹持ちも良い魚肉ソーセージがダイエットに良いんです。

そんな魚肉ソーセージ(1本75g)を2本だけで夕食を済ませちゃいましょう!かなり質素ですがダイエットですからね。2本で260kalなので、夕食としては十分低カロリーです。

朝食と昼食は、カロリーに気を付けながらもしっかり食べて、夕食だけ魚肉ソーセージで置き換えダイエット。これを続ければ、目標体重までの道のりもそう遠くはないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加