本気で痩せたいなら夕食は食べるなダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本気で痩せたいなら夕食を抜こう!

本気で痩せるダイエット

Q 何をやっても痩せません。確実に痩せる方法はありませんか?

太ってしまうのは食べるからです。ならば食べなきゃいいんです。でも、夕食だけね。朝食と昼食はしっかりとって、夕食だけ抜く。まずはこれを一週間やってみましょう!大丈夫です。夕食を抜いたくらいじゃ人間は死にはしません。むしろ、痩せて健康になれますよ。

  1. 夕食を抜くと確実に痩せる理由
  2. 朝と昼はしっかり食べましょう!
  3. 空腹を抑える夜の過ごし方とは?

夕食を抜くと確実に痩せる理由

本気で痩せたいなら夕食抜きダイエット

夕食を抜いたら痩せるなんて当たり前じゃないか! と、思いますよね。

当たり前なんですけど、ダイエットする人って、1食のカロリーをおさえた食事をするだけで、きっちり3食とってるんじゃないでしょうか? 小腹が減ったら、ちょっとだけ間食をする人もいるでしょう。

そして、いくらカロリーをおさえた食事でも、おそい時間に夕食をとるとアウトです。理想としては、18時までに夕食を終えることですが、学校や仕事、家事に追われてたら、そんな時間に夕食なんて・・ちょっとムリですよね。なぜ、夕食を18時までに終えるのが理想かというと、食事が脂肪になりにくいからです。

カラダに脂肪が付きやすいのは、食べる時間にも関係してるんです。昔から、夜遅く食べたら太るって言われますよね。それは時間帯によって、脂肪をためる働きをする「BMAL1」というホルモンが増えてくるからです。下のグラフを見てみましょう。
 BMAL1
18時以降からグングン増えているでしょう。同じ食事をしたとしても、18時までに食べるのと、夜遅くに食べるのでは、脂肪の付き方が全然違ってくるんです。ダイエットなので「何を食べるか」を考えるのも大切ですが、それよりも「食べる時間」はもっと重要なんです。

それで、時間に追われて18時までに夕食が食べられないんであれば、きっぱり食べなきゃいいんです。その方が、色いろ考えずに済んでカンタンでしょう? それに夕食のあとなんて、テレビ観てお風呂に入って寝るだけでしょうから、カロリー消費ができません。

「でも、お腹減るじゃん。せめて20時までに済ませりゃ良いっしょ?」・・なんだと?

「おいおい! その甘さがお前をデブにしてるんだよ! 本気で痩せたいんだろ? 夕食くらい食うな!」

と言っておきましょう。「運動も食事制限もしたくな~い。楽して痩せた~い。」肥満って個人の体質にもよりますが、確実に言えるのは、太ってる人ってダラしがないんです。

食べた分だけ太るのは当たり前ですし、動かなければカロリー消費もできません。楽して痩せる方法なんてないんです。強いていうなら脂肪吸引手術くらいですかね。でも、夕食抜くって分かりやすいし、ちょっとガマンすれば誰にでもできるでしょう。それで確実に痩せるんです。意識の問題ですよ。それで、次の朝食をしっかり食べれば良いんです。

コチラも参考に→ まだダイエットで消耗してるの?簡単に痩せる方法があるよ!

日本人は夜がメインだから、夕食抜きってかなり厳しいねぇ。
夕食を食べん分、朝食と昼食をしっかり食べろってことか。でも、BMAL1っての、朝も多いで? 大丈夫なん?
朝食はしっかりとって大丈夫なんだよ。その理由を見てみましょう。

朝と昼はしっかり食べましょう!

本気で痩せたいなら朝と昼しっかり食べる

BMAL1
朝食の時間帯をみると、けっこうBMAL1の量って多いですよね。夜の21時くらいのレベルです。「なら、朝も食べるなってことか?」・・そうではありません。断食ではありませんからね。ダイエットだからこそ、朝食はしっかり食べなきゃいけないんです。

朝は眠ってたカラダが目覚めて、活発に動き出す時間でしょう。代謝が上がるので、カラダがエネルギーを欲しがるんです。飛行機だって上昇するときに一番エネルギーを使うでしょう。それと同じです。また、夕食を抜いてるわけですから、糖質は確実にスッカラカンです。

つまり、朝食をしっかり食べても、糖質はエネルギーとして消費できるので、いくらBMAL1が多いといっても脂肪になりにくいんです。脂肪って、エネルギーとして使われずに余った糖質がなるもんですからね。なので、ご飯でもパンでもしっかり食べて良いんです。そして、おかずの栄養バランスをしっかり考えましょう。理想としては「和食」がいいですね。

そうやってしっかり朝食をとれば、活発に動ける代謝の高いカラダで1日をスタートできます。そしたら昼食も美味しいでしょう。BMAL1だって少ないですからね。夕食を抜く分、しっかり食べて良いんです。

これを、まず一週間だけ続けてみましょう。確実に減量できます。モチベーションを保つために、1日1回、体重計に乗るのが良いですね。カラダに負担のかかるムリなダイエットは、リバウンドしやすいですが、朝食と昼食はしっかりとれるんです。

カラダにムリがないどころか、胃腸をゆっくり休ませることができるので健康的です。栄養の消化と吸収が良くなりますからね。夕食を抜くという精神的なツラさだけが残りますが、本気で痩せたいと思っているなら、是非やってみましょう。

血糖値がゆっくり上がる食事をしよう!→ 低インシュリンダイエットを成功させる低GI値食品とは?

いくら朝も昼もしっかり食べられるといっても、夕食抜くって修行だよね・・。
12時に昼ごはん食べたとして、次の朝食まで20時間くらい空くわけやんなぁ。耐えられるかぁ?
それでは、空腹を抑えるための夜の過ごし方について見てみましょう。

空腹を抑える夜の過ごし方とは?

空腹を抑えて本気で痩せろ

いくら昼食をしっかり食べたといっても、夜になればお腹が減ってくるでしょう。それで、じっとしておこう・・というのはダメです。お腹が減ってきたら軽く運動しましょう。ウォーキングやストレッチのような軽い運動で良いんです。これで空腹感がまぎれるんですから。

なぜかというと、運動するとカラダが興奮状態になり、アドレナリンが出てくるからです。アドレナリンは、肝臓にためてあるグリコーゲン(ブドウ糖のかたまり)をブドウ糖にもどして血中に流す働きがあるので、カラダにエネルギーを供給できるんです。

とくに空腹感は、脳が「エネルギーが足りないからご飯食べて!」と、命令するから出るんです。なので、脳にブドウ糖がまわれば「エネルギーが来た!」と安心して、空腹感がまぎれるんです。

それで、夜は早めに寝るといいでしょう。どうしても寝付くまでに空腹がガマンできなくなったら、水を飲みましょう。空腹感は、カラダが水分を欲しがって、食べ物からとろうと出す場合もあるからです。それで、意外かもしれませんが、水を飲むだけでも空腹感が紛れるんです。

でも、ガブ飲みするのはやめましょう→ 水を飲んでダイエット!でもガブ飲みすると命の危険が・・

うさちゃんは、夜におなかが減ったら耐えられないでしょう?
見くびるな!耐えられるわ! ただ、水が酒になるだけやw!
ということで、本気で痩せたいなら夕食を抜こう!というお話でした。夕食を抜くのに慣れてくると、ダイエットをやめた後でも、夕食は少なめで朝と昼はしっかり食べるという習慣ができますからね。これは、健康にも良いことなんですよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加