ホッピーのカロリーとビールよりダイエット向きな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッピーってなに?

ホッピーは太らない

Q ホッピーってなんですか? 美味しいんですか? 太りませんか?

昭和初期の時代に、まだビールは高級品で庶民には憧れのお酒でした。でも、貧乏人でもビールが飲みたい!という願望に応えて作られたのが「ホッピー」です。

1948年(昭和23年)にホッピービバレッジが作ってくれたんです。貧乏人のために!これは、ビールと同じように麦とホップが原料なんですが、ノンアルコールなんです。ホッピーで焼酎を割ってのむというスタイルで、いかにも貧乏くさいのですが、言ってみればホッピーは元祖ノンアルコールビールなんです。黒ビールみたいに黒ホッピーや、最近では赤ホッピーなんてものまであるんですよ。

創業者の石渡秀さんのこだわりで、ホップを効かせて本物のビールみたいに作りたいということから、当初は「ホッビー」という名前でしたが、言いにくいので「ホッピー」なったんだそうです。

ホッピービバレッジの販売戦略で、東京を中心とした近辺しか出荷してないので、地方では見かけないでしょう。東京でも立ち飲み屋や、安い居酒屋でしか飲めない結構レアな飲み物なんですよ。地方から友達が来たら、これを東京の名物として進めてます。(笑)

ホッピーはね、一瓶でジョッキ2杯楽しめるんですよ。まず、ホッピーセット(ホッピーと焼酎の入ったジョッキ)を頼むんです。それをホッピー半分で割って、まず一杯目。飲んだら「中(焼酎)」を頼んで、残りのホッピーを注いで2杯目を飲むんです。お財布に優しいんです。

そんな貧乏くさいホッピーですが、最近ではダイエットにも健康にも良いと、女性にも注目されているんですよ。

ホッピーは太らない?

ホッピーが太らないワケ

ホッピーの味は、ちょっと甘くてビールとは似て異なるものですが、ホッピーという飲み物だと思えば、まぁまぁ美味しく飲めます。そんな貧乏なおじさんのためのニセモノビール「ホッピー」ですが、実はビールよりも低カロリーで栄養価が高いんです。おまけにプリン体ゼロ!

焼酎を割ったホッピーのカロリーは、ビールと比べても3/4と低カロリー。さらに糖質は1/3しかないんです。おまけに肥満の敵、プリン体がゼロです!ダイエット向きで痛風にもなりません。

そして、ホッピー酵母、ビタミンB1、B2、ニコチン酸、葉酸、必須アミノ酸、タンパク質、ミネラルなどなど、栄養素がバランスよく含まれているんです。ビタミンB1やB2って糖質や脂質の代謝に必要なビタミンですからね。それに、必須アミノ酸やタンパク質は代謝を上げてくれます。さらに、これら豊富な栄養素のおかげで、他のお酒よりアルコールの分解が早く、二日酔いになりにくいというメリットもあるんです。

どうですか? これだけ知ったら、もうホッピーを貧乏なおじさんのニセモノビールなんてバカにできないでしょう? 女性からも支持されてるのが分かりますよね。

おまけに一瓶で2杯飲めてコスパも良いでしょう。大体500円~600円で2杯飲めますからね。カラダにもお財布にも優しいホッピーをダイエットに役立てましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加