ルクマで太りにくいダイエットアイスを作ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルクマのダイエットアイスとは?

ルクマで太りにくいダイエットアイス

Q 南米で有名な「ルクマ」のアイスは、なぜ血糖値が上がりにくいのですか?

日本ではほとんど知られていませんが、ペルーでかなりポピュラーな「ルクマ」というフルーツがあります。

実は、ルクマはスーパーフードの一つで、その豊富な栄養に加えて、素晴らしいダイエット機能があります。ルクマで作ったアイスは、美味しい上に太りにくいと、ペルーで大人気なんですよ。

  1. ルクマとは?
  2. ルクマの栄養と機能について
  3. ルクマのアイスは太りにくい?
  4. ルクマで作るダイエットアイス

ルクマとは?

ルクマって何?

ルクマは、南米ペルーが原産のフルーツです。写真のように見た感じはアボカドに似てますね。中は黄色で大きな種が一つ入ってます。日本ではほとんど知られてませんが、ペルーではその辺のスーパーでも売ってる普通のフルーツです。しかしそんなルクマは、古代インカ帝国時代に「聖なる果実」として神話に登場したほど歴史が古く、現地の人たちには大人気のフルーツです。日本人が、今ではどこにでも売ってるバナナを「果物の王様」といってるようなものですね。

ルクマの木は、アンデス山脈の標高1000~2000mくらいの土地に自生し、20mほどの高さまで育ちます。そして、直径10㎝ほどの深緑の実を付けるのです。ルクマは、ほんの少し酸味のある素朴な甘味で、食感はホクホクとしたサツマイモのようです。

そんなルクマは、聖なる果実なんていわれるだけあり、含まれる栄養素がたっぷりです。それで、スーパーフードに認定され、今では世界中で人気になりつつあるフルーツなのです。

日本で生のルクマを見かけることはありまえせんが、通販や輸入食品専門店で、パウダー状の商品を手に入れることができます。これで作る「ルクマアイス」は太りにくいので、ダイエット中でも安心して食べられます。詳しくは後ほど。。

サツマイモも美味しいよ!→ さつまいもの置き換えダイエットで便秘を解消して代謝UP!

なんか、ペルーってスーパーフード多くない?
なんでやろうな?
マンゴー売りよったそのまんま東みたいに、優秀な営業マンがおるんかな?

うさちゃん、スーパーフードというのは、実際に含まれる栄養の豊富さでそう呼ばれるんだからね。

では、ルクマにはどんな栄養が含まれていて、それがどのように働くのかを見てみましょう。

ルクマの栄養と機能について

ルクマのダイエットに良い栄養

ルクマは「抗酸化フルーツ」とも呼ばれるほど高い抗酸化作用をもっています。その黄色い実でわかるように、抗酸化ビタミンといわれる β-カロチン、ビタミンA、ビタミンC を豊富に含むほか、ナイアシン(ビタミンB3)や、鉄分、亜鉛、カルシウムなどのミネラル分、おまけに食物繊維もたっぷりです。どれもこれも健康的に「美しく」痩せるために必要な栄養素ですね。その中でも、ルクマに特徴的な3つのダイエット要素について見てみましょう。

アンチエイジング効果がスゴイ!

ルクマは抗酸化作用が高いので、肌のシミやシワ、血管の硬化、疲れやすいカラダといった老化の原因になる「活性酸素」を除去することができます。それで、美肌、美髪になり、ハツラツとした若々しいカラダになれるのです。

ダイエットで食事制限をすると、栄養不足になりがちです。それで痩せたとしても、肌がボロボロ、髪はバサバサだったら残念ですよね。ルクマなら、不足しがちな栄養素をたっぷりとれる上に、アンチエイジング効果も高いので、キレイにダイエットができるというわけです。

貧血予防ができる!

ルクマは「鉄分」も豊富です。鉄分は、普通に食事をしても不足しがちな栄養素です。鉄分が不足すると、酸素を運んでくれるヘモグロビンが作れません。貧血でぶっ倒れた・・なんてことになったら、ダイエットどころじゃありませんからね。

それに、脂肪をガンガン燃やすには酸素が必要です。それで、鉄分がたっぷり含まれるルクマは、ダイエットの強い味方だといえるのです。

腸内環境が整う!

ルクマには食物繊維もたっぷりです。食物繊維は、余分な糖分や脂肪にからまって排出してくれるので、太りにくい食事にしてくれます。トンカツ定食も、先に千切りキャベツから食べると太りにくいと言いますよね。

また、腸内環境を良くしてくれる「善玉菌」は、食物繊維を食べて増えます。それで、胃腸が活発に動くようになると、代謝が上がって痩せやすいカラダになりますよね。

こちらの抗酸化作用もスゴイ!→ ミランダ・カーやローラも愛食!マキベリーのダイエット効果

ふ~ん、でも、ルクマって甘いんでしょう? 栄養たっぷりかもしれないけど、糖分もたっぷりなんじゃないの~?
ルクマって、見た目がアボカドっぽいけえね。「森の甘いバター」やったら、デブが飛びついてくるやんなw
うさちゃん、口悪いよ!
ルクマは甘くても、太りにくいからダイエット向きなんだよ。

ルクマのアイスは太りにくい?

ルクマのアイスは太りにくい

ルクマの故郷であるペルーでは、ルクマのアイスクリームが大人気です。観光旅行でペルーに行った人が一度食べれば大ファンになる美味しさで、現地で最も人気のあるフレーバーです。それに、ルクマのアイスクリームが人気なのは、ただ美味しいだけではありません。ルクマのアイスは「太りにくい」のです。

ルクマはGI値が低い

GI値というのは、グリセミック・インデックスの略で、血糖値の上昇度合いを数字で表したものです。この数字が高いものほど、甘いものを食べたときに血糖値が「ドカン!」と上がります。そしたら、すい臓からたくさんインシュリンが出てきて血糖値を下げてくれます。しかし、インシュリンには脂肪をつくる働きもあるので、あまり多く出てこられると太りやすくなってしまうのです。それで、インシュリンが「チョロチョロ」出るだけで済むように、血糖値の上がりにくい「低GI値」のものが良いのです。

このGI値は、白砂糖の100が基準になり、80~100以上のものを高GI値食品といいます。それで、ルクマのGI値はどれくらいかというと、なんと「25」しかないのです。甘いのに太りにくい・・このカラクリは食物繊維がたっぷり含まれることに秘密があります。

前述したように、食物繊維には、余分な糖分にからまって排出する性質があります。それで、血糖値がゆっくり上がるためインシュリンの量も少なく済み、脂肪ができる割合も減るというわけです。ダイエット中はご法度なアイスクリームも、ルクマのアイスなら安心して食べられそうですね。

GI値関連→ 低インシュリンダイエットを成功させる低GI値食品とは?

探せば世の中には都合のいいものがあるんだねぇ。
ダイエット中にアイスが食べれるなんて、ストレスにならんで済むなぁ。
じゃあ、そのルクマでダイエットアイスを作ってみようか。

ルクマで作るダイエットアイス

ルクマでアイスを作ろう!

生のルクマは日本のスーパーでは売ってませんね。通販で粉末状の製品が買えるので、そちらを使いましょう。粉末状のルクマも栄養たっぷりですよ!

ルクマのダイエットアイスの材料
(約1L分)

ルクマ粉末:200g、ココナッツミルク:300ml、生クリーム:200ml、タマゴ:3個、バニラエッセンス:少々

ルクマのダイエットアイスの作り方

  1. ボールを2つ用意し、タマゴを黄身と白身に分けます。
  2. ルクマ粉末にバニラエッセンスと黄身を入れて、ココナッツミルクを少しずつ加えながらよく混ぜ合わせます。
  3. 白身を泡立ててメレンゲを作ります。
  4. 生クリームをホイップします。
  5. ルクマ、メレンゲ、生クリームを一緒にして、ゆっくり混ぜ合わせます。
  6. これを冷凍庫で冷やし、30分おきにかき混ぜては凍らせる、という作業を4回繰り返して完成です。

ルクマの自然の甘味だけで作る、美味しいダイエットアイスです。ダイエット中にアイスが食べたくなったら、ぜひ一度作ってみて下さい。栄養たっぷりで太りにくい、最高のデザートになりますよ。

太りにくいお勧めの甘味料→ 太りにくい!羅漢果のダイエットアイスクリーム

ルクマアイスって美味しそうだね。自然の甘味ってクセになるもんねぇ♪
それで、食べすぎて太るんやろw?

ということで、ペルーのスーパーフード「ルクマ」で太りにくいアイスを作ろう!というお話でした。

アイス以外にも、色いろなお菓子の材料に使えますからね。検索すればレシピがたくさん出てきますよ。太りにくいお菓子のバリエーションが増えれば、ダイエットのストレスが減って良いですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加