腸内環境を整えるホットヨーグルトダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーグルトのダイエットパワー

ヨーグルトでダイエット!

Q なぜヨーグルトはダイエットに良いのですか? また、ダイエットに効果的な食べ方を教えてください。

今回は、ダイエット効果が高いと評判の「ヨーグルトダイエット」について見てみましょう。

  1. なぜダイエットに良いのか?
  2. ホットヨーグルトを食べよう!
  3. ヨーグルトは夕食後が良い理由
  4. はちみつでダイエットパワーUP!

なぜダイエットに良いのか?

ヨーグルトで腸内環境を整えよう

ヨーグルトがダイエットに良い理由は、パッ!と思いつくだけでも3つあります。①乳酸菌がたっぷり入ってること。②カルシウムが豊富なこと。③タンパク質が豊富なこと。

①なぜ「乳酸菌」が良いのかというと、ご存知のとおり、腸内環境を良くしてくれるからです。善玉菌である乳酸は、腸の中で食物繊維やオリゴ糖を食べて増えると「乳酸」をたっぷり出してくれます。乳酸って、いわば乳酸菌のウンコってとこですね。これが大腸の動き(ウンコを前へ押し出す)を良くしてくれるんです。「毒をもって毒を制す」ってことわざがありますが、まさにそれです。ウンコでウンコを制してるわけです。

また、乳酸菌が増えると、毒素をまき散らして便秘の原因を作る「悪玉菌」を減らしてくれます。腸内環境が良くなったら栄養の吸収がよくなりますし、内臓全体の動きも良くなるので、基礎代謝が上がるんです。より痩せやすいコンディション作りができるということですね。なので、ヨーグルトで乳酸菌をたくさんとり込むのが良いんです。

②ヨーグルトには「カルシウム」がたっぷりです。牛乳が原料ですからね。カルシウムって骨を丈夫にするイメージですから、ダイエットにも役立つってちょっと意外ですよね。でも、カルシウムは「脂肪燃焼」や「吸収阻害」に関わってるんですよ。

日本人って、カルシウム不足って言われてるでしょう。骨粗そう症の人が多いのもそのためです。なので、ダイエット以外でも、健康のためにヨーグルトでカルシウム不足を補うのは良いことですね。厚労省の推奨で、1日に必要なカルシウム量は600㎎ といわれています。ヨーグルト1個(80g)には、約100㎎ のカルシウムが入ってますからね。これだけで、1日に必要なカルシウムの1/6がとれるんです。

③ヨーグルトは「タンパク質」も豊富です。タンパク質は、皮膚、筋肉、髪、爪、赤血球、ホルモン・・etc. というふうに、カラダのほとんどの部分を作ってます。カラダは数兆個の細胞でできていますが、そのうち数億という細胞が毎日のように入れ替わってるんです。新陳代謝ってやつですね。これに使われるエネルギー(消費カロリー)って、結構大きいんですよ。

ヨーグルトは、そのまま食べてもおいしくないので、はちみつや砂糖を入れて食べるでしょう。そしたら一食80g でも80kcal くらいになります。決して低カロリーとはいえませんが、タンパク質をとって代謝が上がれば、それ以上に消費カロリーが大きくなりますからね。食後にヨーグルトを1個食べるのは、ダイエットにとても良いのです。

カルシウムのダイエット効果を詳しく→ カルシウムがダイエットに必要な理由【脂肪燃焼&吸収阻害】

乳酸菌って、便秘を良くする以外にも色んな効果があるんやろ?
うん、乳酸菌にもいっぱい種類があるからね。インフルエンザが予防できるとか、花粉症に良いとか・・。
そうね~。
そんなカラダに良いヨーグルトを食べるなら、乳酸菌をいっぱい増やしてから食べましょう。

ホットヨーグルトを食べよう!

ホットヨーグルトがダイエットに良い理由

ホットヨーグルトダイエットなんてありますが、「ヨーグルトを温めたらマズイでしょう? 」って思いますよね。確かにマズイです。温かくて酸味のあるものって、辛いか甘いかの+αの味付けがないと、食えたもんじゃありません。

じゃあ、なんで温めるかというと、乳酸菌を増やすためです。食べ物を冷蔵庫で冷やして保存するのは、腐敗菌が繁殖しないようにするためですが、乳酸菌も「菌」には変わりありませんからね。冷蔵庫の中では、大人しくしてるんです。冷えたままのヨーグルトでは、活発に増殖しないんですね。それで温めてやるんです。

乳酸菌が一番活発になる温度って、人肌よりもちょっと高めの40℃くらいです。それで、500~600wのレンジで1分程温めてやりましょう。あまりアツアツにすると、逆に死んでしまいますからね。それで、温めたあとは軽くかき混ぜて、10分程おきましょう。この時間に乳酸菌が増えるんです。

このひと手間で、ヨーグルトのダイエット効果が倍増するんです!・・まぁ、少しマズくなりますがね(笑)

善玉菌はダイエットの味方!→ 善玉菌を増やすダイエット!痩せ体質はおなかの中から

ホットヨーグルト・・生温かくて酸っぱいって、ゲロっぽいやんなぁ。。
汚いようさちゃん! 10分置いてるうちに冷めるから普通に食べれるよ。

うさちゃん、今度いらんこと言ったら、ミッフィみたいに口バッテンに縫い付けるからね。

次は、ヨーグルトを食べるのは、夕食後がおすすめな理由についてです。

ヨーグルトは夕食後が良い理由

食後にホットヨーグルトでダイエット

べつに朝も昼も食べて良いんです。でも強いていうなら、一番良いのが夕食後なんです。なぜかというと、腸の働きがよくなるのは、リラックスして副交感神経が優位になったときだからです。夕食のあとって、お風呂に入ったりテレビ観たりして、のんびり過ごしますよね。

それで一番リラックスしてる状態というと、寝てるときです。なので、寝る3時間くらい前にヨーグルトを食べると良いでしょう。このときに栄養の吸収が良くなりますし、腸の動きが一番良いときに乳酸菌を送り込んでやれば、腸内環境が整って、より便秘の予防ができるんです。

それに乳酸菌って、糖質や脂質の燃焼に欠かせない「ビタミンB群」を作ってくれるんですよ。これも大きなダイエット効果ですよね。

ひとつ守りたいのは、ヨーグルトを「食後」に食べることです。空きっ腹に食べると、強い胃酸で乳酸菌が死んでしまいます。なので、食後の胃酸が少し薄まった状態で食べると良いんです。

ヨーグルトにアロエを入れてパワーアップ!→ アロエでダイエット!デトックス効果で腸内環境を整えよう!

食後のデザートは、ホットヨーグルトが良いってことだね。
ホットヨーグルトってマズイけえ、砂糖とか混ぜてもええんやろ?いくらデザートいうても、そのまま食べたら口直しにならんで・・。
そうね~。
ホットヨーグルトを美味しく、しかもダイエット効果をUPできる食材をみてみましょう。

はちみつでダイエットパワーUP!

はちみつヨーグルトでダイエット

やはり、ヨーグルトに入れるのに一番のおすすめといえば、はちみつです。「はちみつなんて、糖分たっぷりでカロリー高いじゃん!」と思うでしょうが、はちみつの糖分の半分は「果糖」なんです。果糖って、ブドウ糖よりもはるかに吸収スピードが遅いので、血糖値が上がりにくいんです。それで、脂肪になりにくいんですね。

それに、オリゴ糖やグルコン酸も豊富に含まれます。オリゴ糖は消化吸収されにくい糖なんです。それで大腸まで届くと、乳酸菌のエサになって増やしてくれるんです。そしてグルコン酸は、乳酸と同じように腸の動きを良くしてくれる有機酸の一つです。どちらも、腸内環境を整えて代謝を上げるのに役立つんですね。

おまけに、はちみつって健康に良い食品の代表格ですからね。食事制限をするダイエットで、不足しがちな栄養をいっぱい含んでるんです。ビタミン、ミネラル、酵素・・etc. なので、カロリーが高めといっても、カラダが元気になれば、消費カロリーのほうが大きくなるんです。それでダイエットには、はちみつヨーグルトをおすすめしたいのです。

はちみつはダイエットに良いんだよ!→ 高カロリーのはちみつがダイエットに役立つ理由

うさちゃん、はちみつ入れたら美味しく食べられるでしょう?
うん。
夕食後に、レンジでチン♪ して、10分おいたヨーグルトにはちみつを混ぜて食べる。これが、ヨーグルトダイエットってことやね。

そうそう。うさちゃん、軽くまとめてくれてありがとう。

ということで、夕食後はホットヨーグルトで腸内環境を整えてダイエットしよう! というお話でした。

ヨーグルトダイエットは、簡単で安くできるうえに効果も抜群なので、とても評判の良いダイエット法です。個人差にもよりますが、一ヶ月で-5㎏ も、ぜんぜん夢ではありません。美味しいヨーグルトを食べて、健康的にダイエットしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加